検索
  • kazumizufune

お気に入りのアルバム vol.2

更新日:2021年10月8日


『Nothing Like The Sun / Sting』


このアルバムは私が音楽に夢中になり始めた1987年にヒットしました。

でも当時、このアルバムは私には大人すぎました。 www

このアルバムを一番聴いたのは18歳の時だったと思います。


高校生の時、地元の西宮球場でスティングの日本公演を見に行きました。当時、彼は「ThePolice」の曲もたくさん演奏していたのを覚えています。


素晴らしいコンサートでした。


最初の曲「The Lazarus Heart」は独特の雰囲気があり、ジャズやポップの領域を超えたとてもクールな曲です。

2曲目「BeStillMy Beating Heart」は、深い深い世界から声が聞こえてくるようなしっとりとした曲です。

3曲目「Englishman In New York」は有名なヒット曲です。ポップでシンプルな曲ですが、ジャジーなテイストでお洒落です。


その後の「History will teach us nothing」と「They dance alone」は、スティングの独特な節回しと大きなスケールが魅力的です。

この2曲は最初はあまり好みではなかったのですが、後になってとても好きになりました。

6曲目「Flagile」は、アコースティックギターの世界観が深遠な曲です。この歌を表現する言葉は一言だけです。 "素晴らしい! "


「We'll be Together」から始まる後半も様々な曲が続きます。

この曲「We'll be together」も大ヒット曲です!


11曲目はジミ・ヘンドリックスのカバー「Little Wing」。

この曲は私の最も好きなジミの曲です。スティーヴィーレイヴォーンを始め、素晴らしいカバーがたくさんあります。


とにかく、このアルバムの「音」はとても良い「音」です。

そして、スティングの曲、歌詞、サウンドはすべて最高品質だと思います。


私は今それを聞いて興奮しています! www


この作品はジャズポップミュージックが好きな人のための傑作です!

2021.10.3

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示