検索
  • kazumizufune

お気に入りのアルバム vol.3


『Weezer / Weezer』


僕がこのアルバムを初めて聴いたのは、20代の中頃だった。

半年くらいずっと毎朝これを聴いていた。www


僕はこのアルバムを「Emo Rock」の原点だと思っている。

※その解釈は人それぞれだが。

「ポップ・パンク」とも呼ばれる彼らのスタイルは、いたってシンプルだ。


パワーコードで押し通すディストーションギター。シンプルでパワーのあるリズム。ボーカルは熱い感情メロディを切なく歌い上げる。


彼らは決してテクニカルではない。しかし彼らのサウンドはロック、ポップスの魅力に溢れている。


今でもよく聴いている、僕のとてもお気に入りのアルバムだ。


1曲め「My name is Jonas」。アコースティックギターのイントロから突然轟音ギターが登場する。この気持ち良さはロック以外の何者でもない。

2曲め「No one else」へのスムーズな流れも気持ちいい。彼らは徹底してポップなメロディにこだわっている。

このアルバムのプロデューサーは「The Cars」のリック・オケイセック。クレジットを見て、「なるほど!」と思った。「The Cars」も僕の大好きなポップ・ロックバンドだ。


4曲め「Buddy Holly」はシングルカットされてヒットした曲。しかし、この曲だけを聴いてWeezerを判断しないで!彼らの本当の魅力は他の曲から感じられるから!


7曲め「Say it ain't so」はとてもエモーショナル。「エモーショナル」という言葉がこれほど当てはまる曲は他に挙げられない。


そして1番好きなのは最後の曲「Only in dreams」。スローなロック(パンク)・バラード。同じフレーズを繰り返すベース、ギター。ゆっくりと進む進行。徐々に感情は高ぶってくる。それは切なく、しかし温かい感情。一度曲が終わっていくと思わさせて、終わらない。その後に続くエモーショナルなサウンドがシンプルに僕の心に響いてくる。イギリスのバンド「Ash」のこの曲のカバーもとてもいい。You Tubeで見れるね。


このアルバムはとにかく素晴らしい。テクニカルでなくても、見た目が派手じゃなくても、素晴らしいロックは作れる、ということを教えてくれる。


エモーショナルな音楽を求めている人に是非聴いてほしいね!


2021.10.12

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示